伊賀ブランド IGAMONO

木の芽 豆腐田楽

豆腐田楽は、伊賀の郷土料理です。
江戸時代後期から明治初期にかけて、まだ肉を食べる習慣もなく、海が近くになくて魚も手に入らない時代にタンパク源を補う貴重な食材であった豆腐を美味しく食べる料理の一つとして広まったのが始まりです。
豆腐は伊賀産の木綿豆腐を使用、切った豆腐を職人手作りの竹串に刺し、両面素焼きにした後、伊賀独自の玉味噌と木の芽を合わせた味噌を塗って焼く、春の訪れを感じる伊賀のおもてなしの料理です。
まだガスがない、各家庭が炭で加熱調理をしていたころは、それぞれの家で田楽用の竹串を持っていて豆腐田楽を作っていました。
田楽振興会は、その豆腐田楽を「木の芽豆腐田楽」としていつまでも変わらない味を後世に残したいと思います。

認定年度
種別
事業者
伊賀市上野飲食業組合 田楽振興会
住所
〒518-0835 伊賀市緑ヶ丘南町4408-4
電話番号
0595-23-3538
伊賀市上野飲食業組合 田楽振興会

生産者について

伊賀市上野飲食業組合は、旧上野市飲食業組合から数え、結成以来60年余りの長さに渡り伊賀地域の飲食業界の相互交流・情報交換・また県や他地域との橋渡し役を務め、現在もその役目を担っております。 それ以外に現在当組合で一番熱心に取り組んでいるのが、伊賀の食文化の発信です。田楽振興会では毎月1回、上野市駅前広場で開催されている風土フードマーケットを始め、市内外のイベントに積極的に参加し豆腐田楽の実演販売を行っており、来場者の方々からもご好評いただいております。